高級ジュエリーブランド、カルティエ

カルティエはフランス生まれの高級ジュエリー、高級時計のブランドです。

1847年にルイフランソワカルティエが師匠であるアドルフピカールからアトリエを譲り受けたことよりブランドが始まりました。

1853年にはパレ・ロワイヤル付近の通りで個人顧客専用のブティックを開業しました。

ポルトガル国王やスペイン国王など、王族や富豪を顧客を持っていることで有名です。

中でもイギリスの国王であったエドワード7世より「王の宝石商、宝石商の王」と褒め称えられました。

日本では1974年に初めて原宿のパレフランスにブティックが開業しました。

もともと高級ジュエリーだけ扱っていましたが、ブラジル人飛行士の依頼により、飛行機の中で使える腕時計を制作し始めたのをきっかけにサントスウォッチが作られ、腕時計業界にも進出しました。

それからは、パリ解放を記念し作られたタンクウォッチや、パシャの原型と言われている当時では珍しかった防水時計タンクエタンシュなど今でも人気のあるモデルが生まれました。

日本では時計はもちろんトリニティリングやラブリング、ラブブレスレッドなどジュエリーもプレゼントとして人気があります。

そして香水の分野にも進出したカルティエは今でも躍進し続けています。

なお、売却の際はクロムハーツ買取ヴァンクリーフ買取などの高級ブランドを取り扱うジュエリーファンがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です